むらの大学・フィールドワーク

最終更新: 11月13日

剪定したぶどうの枝、摘房したぶどう、刈った草等は、病気を広げない為に焼却処分します。消防署に届出をし、SSに大量の消火用水を用意して準備完了。

草木が乾燥していたので火のまわりが早く、着火後あっという間に燃え広がり、福大生が現場に到着する頃には火が消えかけていました。



圃場の説明をした後、作業体験を…という事でしたが、年内のぶどう作業は終了してしまったので、最後の焼却に合わせて、置き火で焼き芋を作ってもらいました。

男子生徒の皆さんに焼いてもらった芋はとても美味しかったです !!




女子生徒の皆さんには、焼き芋の準備とビニール袋で簡単白菜漬、羽釜で豚汁を作ってもらいました。今回材料に使ったのは、栽培スタッフの自宅畑で採れた野菜です。皆さんに切ってもらって、とても美味しくできました。何度もおかわりして完食 !!


コロナの影響で自宅学習していた生徒の皆さんは、ほとんど顔を合わせた事が無い新入生の状態だと伺いました。

高田島ヴィンヤードで一緒に作業をしたり、一緒にお昼を食べた経験が、仲良くなるきっかけになったら嬉しいです。

前回予定していた日は天気が悪く延期になりましたが、今回は天気も良くとても楽しい時間になりました。

福島大学の皆さん、お手伝い頂いたスタッフの皆さん、お疲れ様でした !!


34回の閲覧
〒979-1201 福島県双葉郡川内村大字上川内字町分282-6 
​お問い合わせ info@kawauchi-wine.jp

© 2020 by kawauchi wine company.